雨漏りの原因となりやすいパラペット 断面図外壁面合わせで

雨漏りの原因となりやすいパラペット 断面図外壁面合わせで。>①竪穴。H30の2級建築士受け

製図見直せずギリギリで提出、6日合格発表意味分ないくらい緊張、動悸ます

今更質問するのおかい
合格の可能性あるのか知りたい

①竪穴 区画?〇防?延焼ライン未記入(住宅延床200㎡以下)
②面積表再確認?計算ていないため間違っている可能性あり
③断面詳細図パラペットの位置断面図違う可能性有 断面図外壁面合わせでパラペット立ち上げっている詳細図内側入って立ち上っている可能性有(うろ覚え)

わかりづらくてすみません

思い浮かぶミス上記のような感じ いかなのなのでょうか、、、
合格の可能性なければ、踏ん切りつけて来年頑張ろう思
変期待てまう自分んどい
ご意見お願います ってなに。昔は多かった陸屋根式の住宅ですが。今でも注文住宅やデザイナーズハウスなど
に使用されているのをまれに見かけます。 そんなパラペットの防水工事や雨漏り
を防ぐための補修工事を。外壁リフォームの基本知識と基本用語を踏まえながら
ご紹介していきます。しかし。昔の笠木は継ぎ目の処理と壁との隙間を
シーリングに頼っていたこともあり。経年と共に笠木内部に水が入っ
パラペットの笠木天板は雨水が浸入しやすく。雨漏り発生の可能性が非常に高い
箇所となります。

大阪の雨漏り修理?防水?外壁塗装専門店。ブログ内容を見て雨漏りに携わっている数が明らかに多い事から「経験豊富だ
ろう」と感じたようです。材木目はプリント合板を使用している事から
直接クロスを貼ると天井材とクロスの密着が悪く剥離する可能性今回は。
手すりの下にある笠木?ベランダ防水の不具合?内樋壁の内側に樋を施工し
雨水を排出を設けている事修理の提案は。手すりを撤去した上で壁を立ち
上げ。立ち上げた壁からパラペットと内樋を塞ぐように屋根を② 修理後断面図雨漏りの原因となりやすいパラペット。このパラペット。基本的には屋根に降った雨水を外壁に流さず。堰き止めて排水
させるもののため。とても雨漏りしやすいのです。そして。その外周部は建物
によって違いますが。低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。
実はビル外周部を囲む壁は歩行可能な屋上として使用するために設けられた
ものではないことも多いのです。これまでご説明してきた通り。パラペットは
上端の笠木。外壁から立ち上げられた壁。パラペットの内側屋根側の排水溝や箱

>①竪穴 〇防?延焼ライン未記入はまだましかと。これは誤記レベル。竪穴が必要で区画自体が不成立はやばいと思います。あと延焼と竪穴の関係性がないことについて、知識としてどうなんですかねと思います。>②面積表再確認?計算していないため間違っている可能性ありこれは学校で聞いてると思いますが、計算間違いはまだセーフです。計算していないため空欄なら一発アウト。計算結果で容積建ぺいオーバーも一発アウトだと思います。>③断面詳細図パラペットの位置が断面図と違う可能性有。断面図は外壁面合わせでパラペットが立ち上げっているが詳細図は内側に入って立ち上がっている可能性有うろ覚えこれは誤記なので問題なしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です