護衛艦かが 35Bの導入数よっていず一隻の空母化いう話で

護衛艦かが 35Bの導入数よっていず一隻の空母化いう話で。>いずも一隻の空母化という話ではなく当然、「いずも」1隻でなく、同型艦「かが」だって改修するでしょう。F35100機購入空母へ改修するいず搭載するいう事記事でみ、同時ような事記事書いてあり 「F 35Bの導入数よって、いず一隻の空母化いう話でなく、本格的な空母の保有、新たな建造含めた動きなっていくのでないか 例えば、仮20機いうこなれば、飛行隊形成できる数なるので、お試的な話でなくなる」 いず空母化された後、波乗って新たな空母建造される可能性あるのでょうか 来年にも4隻体制に。そして戦闘機搭載も議論される日本の空母は今後。どうなっていくのでしょうか
。年月に実施された。海上自衛隊の観艦式。年に一度行われるこの海
自最大のイベントにおいて今回。最大の目玉となったのが新鋭護衛艦「いずも」
の初はこの「ひゅうが型」と「いずも型」をそれぞれ隻ずつ。合計隻の
航空母艦を保有することになります。ついでに言うと。イージス云々は
イージスシステムを載せてるかどうかで。護衛艦かどうかは関係なくなかっ

護衛艦「かが」。いずも型護衛艦の番艦である「かが」は当初。年度末からの年に一度の大
規模な定期検査に合わせて。一回こっきりで大規模な改修を行う予定だった。
しかし。艦内の区画や搭乗員の待機区画の整備については。軍事ワールド2020年。2019年は大規模な戦争は幸いにも無かったものの。地域的な衝突が目立った
1年となった。年を迎えるが。日本を含む世界の軍事的な動向は2020年に
どう変化するのか。岡田敏彦 空母。再び搭載?運用を予定しているのは
。短距離離陸と垂直着陸のできる性能を持つ米国製の最新鋭ステルス機F-
35B。実際に6機が調達される自衛隊に実物が届くのは令和6年で。
最終的に計画通り40機を導入して2個飛行隊を編成するのは更に先となる

「いずも」空母化がもたらす3つのメリット:日経ビジネス電子版。政府が月日。新たな防衛大綱を閣議決定し。今後年をめどとする防衛力の
在り方を定めた。ヘリ搭載の「いずも」型護衛艦に。戦闘機「-」を搭載
できるようにして。事実上の空母とすることを明記しました。-第の本格
的な紛争において想定できるのは。例えば太平洋上で海上自衛隊が対潜水艦戦を
実施する際に艦隊の防空をするケースです。冷戦期には北海道周辺の海空域
における攻防が焦点でしたので。空母がなくても必要な航空戦力を確保できまし
た。特別リポート:トランプ大統領が誇る米空母戦略の「落とし穴。トランプ米大統領は2日。国防支出の増額計画を自画自賛する演説の舞台として
。建造に130億ドル約1トランプ大統領は。史上最も高額な軍艦となる
最新世代の「フォード級空母」が。今後も米軍事力の海外投入における主役だと
述べた米軍が展開している現役空母は10隻で。軍事的なライバルである
ロシア及び中国が実戦配備しているのが各1隻こうした新たな兵器としては。
中国の「東風21」のような地上配備型の対艦弾道ミサイルなどがある。

いずも。巨艦「いずも」の空母化が決まり。さらに自衛隊の「自衛力」が強化されていき
ます。好戦的な諸外国に対して自己防衛力をつけ緊急時に備えるための力では
ないかと思いますが。「ぶっちゃけ自衛隊ってどんぐらいつおいの?」って思わ
その第の理由は。日本導入により中国空母を旧式兵器化させられるためだ。
日本が-搭載の軽空母を作ると中国の正規空母は建造中を含めて全て旧式化
する。

>いずも一隻の空母化という話ではなく当然、「いずも」1隻でなく、同型艦「かが」だって改修するでしょう。船なのだから定期的に整備する必要がある。「いずも」1隻だけを改修するなら「いずも」がドッグ入りして整備中には稼働空母ゼロということになってしまう。それは困るから最低2隻は改修する筈。有事になれば空母の特性上2隻同時運用しておくことも重要だ。>本格的な空母の保有、新たな建造を含めた動きになっていくのではないか。それは妄想もいい所、要員の問題が大き過ぎ。本格的な空母を建造して1隻に5千人以上も要員を割けない。涙。米;ニミッツ型????????10万t????乗員約5,700人日;いずも型?????????2万6千t???乗員約520人>いずもが空母化された後に、その波に乗って新たな空母が建造される可能性はあるのでしょうか?「ひゅうが」型や「いずも」型がそれぞれ取得予算で1,200億円ほど。波に乗って建造できるほど財布に優しい存在ではない???。海自では当面3,900tの新型30FFMを1隻500億円程かけて、毎年2隻ペースで22隻建造する。対潜、掃海、機雷敷設と言ったあたりがメインらしいが、この整備が終わるまでは大型艦艇は無理。中国海軍は掃海能力が低い事で有名だから、日本側で機雷戦を重視するのは当然の選択なのでしょう。F-35を追加調達して、陸上型イージスを整備、金銭感覚が狂うようなやたらとカネがかる話が盛り沢山。それでいてF-2後継問題とか、戦闘ヘリの後継問題とか、装甲車の後継問題とかも抱え込んでいる訳で。防衛省の役人は予算で頭が痛いことでしょう。現場は現場で人手が足りんと悩んでいるのでしょうけれどね。記事の上っ面だけ読むから???。F-35A→42機導入はF-4EJ改の後継機分今回のF-35を100機導入予定A型のみ?はF-15J/DJのうち、近代化改修をしないPre-MSIP機分約100機の後継機としての採用であり、「いずも」型に搭載するための物ではないA型の調達の一部をB型に切り替えるという方法もあるが。2014年に小野寺防衛大臣がアメリカの強襲揚陸艦を視察した際に、日本も導入を検討するべきであると発言しています。また、今月末に出来る時期防衛大綱にも、この方針が盛り込まれると言われています。アメリカのワスプ級、アメリカ級に匹敵する強襲揚陸艦もしくは、軽空母に匹敵する艦船が建造されるのは、可能性は高いでしょう。同規模でないとしても、F-35Bを運用する「ヘリ搭載護衛艦」が増えることは、もはや既定路線です。いずもは改修しても空母ではありません、固定翼機搭載型護衛艦です。いずもの改修は、たまたま偶然エレベーターがF35Bを運用できる能力だった。たまたま偶然格納庫がF35Bが29機程度置ける構造だった。たまたま偶然電力供給設備がF35Bに合致した。たまたま偶然弾薬保有設備がF35Bで使えた。等々たまたまの偶然が重なってわずかな改修で運用ができると判断されたようです。sirさんの意見に賛成です。あの100機は全部がF35Bじゃない。使い勝手の良いマルチロール機であるF35は値段が安くなるなら出来るだけ欲しい機種です。だからこその導入増加議論です。F35Bは垂直離発着機なので、軽空母に乗せてこそ意味がある。ただ垂直離発着するという利点のために、他の多くの装備上の犠牲がある。でも陸上で運用するなら垂直離発着は必要ない。その上で自分が思うのは、確かに正規空母クラスの導入は自衛隊は一切考えてないにしてもたぶん、アメリカの4万トンクラスの強襲揚陸艦の保有は十分検討されていると思う。というのは、「いずも」「かが」では垂直離発着機を乗せてしまうと機体や燃料や搭載装備などのスペース確保によって従来の対潜水艦作戦のためのスペースが大幅に制約されてしまうこと。ここまで十分に対策された艦となればやっぱり4~5万トンクラスの容量が必要です。たぶん、2~3隻建造することで本格的な検討に入ってるんじゃないかな?ないです。F35の追加購入はまだ検討段階ですが、旧式のF15は最早戦力になりませんので早急な交代が必要です。とある記事によると、F35Aを60機、F35Bを40機購入する検討をしているようです。40機あれば予備機、練習機含めて十分いずも型2隻分の搭載数を満たしますから、かがも改装するのは間違いないでしょう。しかし、新造は無理です。予算もないですし、人員もいない。海自の人員充足率は7割だそうです。整備や燃料にも金がかかる上、護衛のDDGやDDも必要です。これから30FFMであぶくま型ときり型を更新し、その後おおすみ型とむらさめ型の更新が控えている海自にどう考えてもそんな余裕はありません。自殺行為です。海上自衛隊とF-35Bを採用予定の欧州海軍とは戦術環境が違い過ぎます。自国沿岸海域の制空権を確保すれば良い欧州海軍と太平洋のシーレーンを守らなければならない海上自衛隊はF-35Bでは能力不足です。いずも型護衛艦を空母化しても米海兵隊のF-35Bの洋上補給拠点としてしか使えません。米海兵隊のF-35Bに中継拠点を提供するだけならジェット燃料タンクを増設するだけで良いのです。スキージャンプ式甲板もカタパルトも必要有りません。海上自衛隊で必要なのはF-35BではなくF-35Cなんです!スキージャンプ式甲板と早期警戒機運用の為の簡易型のカタパルトは必要になります。新たな空母は定数の問題で無いでしょうね。航空機運用能力艦ということであれば輸送艦おおすみ型の代艦が強襲揚陸艦になるようなので、艦の大きさ次第ではF-35Bを運用する可能性はありますが…いやほんと人員の当てはあるんですかねえ?先ず記事を誤解しています。F-35Aを100機はF-15J初期型の退役に伴う入れ替えであって、これは陸上機です。艦載は出来ません。其れとは別に、恐らくですが、RF-4EJ分としてF-35Bを20機程度、2個飛行中隊分ぐらいを導入し、これをいずも型の艦載機?として導入する、です。調達機数から見て訓練機や予備機の可能性もあるが、いずも1隻分ではありません。同型艦の2番艦かがの分もあるでしょう。*いずも型は精々12機しか搭載出来ません。支援するヘリも積み込むとすると10機でも頑張っている方です。というかいずも空母化も世間で言う軽空母ではなく中継空母のような気がします。*普段はB型は地上基地にいて、必要に応じて基地から飛び立ったB型がいずも型に着艦して作戦参加するという空母。本格的な整備能力は持たせない。*長期作戦能力遠洋作戦能力はない。尚、空母建造については10~15年はありません。今の海自の建造計画には大型艦は暫くありません。今建造中のまや型イージス護衛艦1,2番艦の建造が終われば次は3900t型護衛艦30FFMが大量建造に入ります。これが終わらなければ無理でしょう。その頃にはおおすみ型も老朽化するので、軽空母建造も無いとは言えません。*でも、その頃にはこんごう型が老朽化するので、イージス4隻が新規建造に入るかもしれません。まぁ、その頃にイージスのままなのかという疑問もありますが。その記事は生半可な知識でど素人の記事ですね。予備機もあわせればF-35Bは20機程度は最低必要ということになります。それに空母の保有は対外脅威度にあわせてその保有が議論される話で必要であれば建造するほかないでしょう。たまに、左派政党や評論家などが空母の保有は専守防衛を超えるだとか憲法違反だとかいってますが、そういう人達はよくよく出自を調べると朝鮮人だったりしますので、そういう人達の言う事をウノミにしてはいけません。どっちにしてもいずも改で全10数機、救難機を載せたら実稼働機は10機弱、1個飛行中隊が乗るかどうかなので、大半のF35は陸上基地運用です。新たな空母を作ったところで自衛官がそもそもいない。ただの絵に描いた餅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です