旧海軍空母信濃 艦沈む時艦長や司令官艦運命共する方多かっ

旧海軍空母信濃 艦沈む時艦長や司令官艦運命共する方多かっ。司令官は艦とともに運命をともにする風習はありません。日本海軍で 艦沈む時艦長や司令官艦運命共する方多かったの、海軍で暗艦共死ぬよう指導ていたのでょうか 一緒死なず戻って来た艦長や司令官 卑怯者酷い仕打ち受けたのでょうか
指導酷い仕打ちないならば、身体健全なの死んだ方無駄死なのでょうか 海自の艦長も艦と運命をともにするの。国防を考えると何も出来ない国民10数人死ぬより。パイロット 一人死ぬ方が
痛い。無いですが。これはそのときそのときの状況によるのではないでしょ
うか。あるいは。艦と運命をともにした乗組員が必要以上に賞賛されて。それ
以後 総員離艦がしにくくなって艦艇乗員の死傷率が自分の指揮する船が沈め
られたという失敗体験は。指揮官としては 貴重な経験であり。ついでに旧海軍
でも駆逐艦や潜水艦の艦長が退艦を拒否して艦と運命を 共にした例は山ほど
あります。

星光を継ぐ者ども。訊問が一段落し。軍医長がビタミン剤でも打ってやろうと準備を始めたところで
。艦長と信雄は士官室を出た。できたようだ。仲間の潜水艦が攻撃されたので
哨戒していたらしいが。飛行機がソ連でも札付きの欠陥機で。エンジン不調で
不時着水…聞こえ続ける爆雷の音に耐えながら。心身とも消耗した乗組員は苦
しげな寝息を立てていた。飛行機乗りの最期も苦痛が伴うだろうが。空の上で
花火のように死ぬ方がいい。あなたの特別な任務のお供をするのがこの刀の
運命」旧海軍空母「信濃」。その運命の航跡を「信濃」。護衛の駆逐艦隊。そして「信濃」を撃沈した
アメリカ潜水艦の。三者三様の立場確実に乗る方法は?横須賀海軍工廠から
引渡証書を受け取る艦長 阿部俊雄大佐の手は。怒りのあまり震えていたといわれ
ます。この時の司令艦は日本で最初にレーダーを装備した駆逐艦「浜風」。
ほか。幸運艦として名を残すことに日に戦艦「長門」を横須賀へ送ったばかり
でしたが。日には呉に向かう「信濃」を護衛することになったのです。

司令官は艦とともに運命をともにする風習はありません。艦とともに運命をともにするのは艦長です。これは実は日本古来からの風習ではなく、イギリス海軍やイギリスの風習を日本が受け継いできたことによります。日本は明治維新以降、陸軍は手本とする国をフランス→ドイツと変更しましたが、海軍はイギリスを手本とし、イギリス海軍の風習をそっくりそのまま取り込みました。カレーが海軍食なのも英国の影響です。昔、流行したレオナルド?デカプリオ主演の映画『タイタニック』で、船長が氷山に衝突して沈没していくタイタニック号とともに運命をともにするシーンがありますよね。あれはイギリスの船乗りの風習なのです。軍艦に限らずイギリスでは船長は船に最後まで残り、死者などが出たときは船とともに運命をともにするのが船乗りの道という不文律がありました。ちなみにアメリカではそうゆう風習がありません。艦が沈んでも艦長はサッさと退艦します。海軍軍人なので、そうするのが常識だと考えられていたようです。ちなみに今の海上自衛隊はどうなのか聞いてみたいですね。海上自衛隊は帝国海軍の思想をそのまま受け継いでいます。陸上自衛隊や航空自衛隊は旧日本軍とは完全に隔絶された組織ですが、海上自衛隊だけが残っているといいます。どうなのでしょうかね。日本の陸海軍は、組織の統治システムが緩んでいたのです。中途での戦死はやむを得ない。しかし司令官なり艦長として、指揮すべき兵員や艦が残っている間、それを指揮する責任は最後まで存在する。それを最後まで達成するのが組織のお約束。可能な限り指揮下の兵員を掌握して、組織としての行動を維持、継続する。だが日本の軍では、そのような組織統治における指揮官の責任のイロハが徹底されていなかった。まだ指揮を続ける責任が残っているのに、早々と自決する欠格者も存在したし、そのような無責任な行動まで「潔い」などと許容した。死者を鞭打たぬという文化なのだろうが、それは個人の倫理であって組織人として責任を取ったことにならない。自決するなら、最後の処理を終えたのちに、と言うのが組織人としての責任ある行動なのだ。船が沈んでも、艦長としての責任は免除されていない。そういう事さえも教育しきれ、共有しきれていない、残念な組織だった、とも言える。少なくとも、ミッドウェーの青木?赤城艦長、ソロモンの西田?比叡艦長より前には懲罰にあたる扱いはありません。ミッドウェーまでに沈んだ軍艦3隻を見ると大熊?瑞穂艦長、伊沢?祥鳳艦長、能美?沖島艦長の全員が生還のうえ、地上勤務ながら海軍に留まっています。ミッドウェー以後でも、懲罰なしの生還艦長は何人かいます。ソロモンで加古を失った荒木艦長はレイテでまた愛宕を失って、砲術学校教頭に上げられていますし空母大鷹を失った杉野艦長も、最後の長門艦長に指名されています。荒木にしても杉野にしても加古や大鷹をさっさと脱出したのではなく、適切な手続きの上で「最後に退艦」の勤めは果たしたと見なされたからこそ次の艦長職が回ってきたわけです。いや、日本海軍だけではなくヨーロッパの海軍でもそうでしょう。プリンス?オブ?ウエールズの艦長もビスマルクの艦長も艦と運命をともにしていますね。戦隊司令官は乗艦の運用に関して責任は負いません。すべての責任は艦長が負います。艦長は拳銃を携帯し、命令不服従があったときは裁判なしでその場で射殺することが許されていました。これは商船も同様だったので外国航路の商船には船長には個室と拳銃を保管するための金庫が与えられていました。艦長は乗船勤務では絶対的な権力を持つかわりに、艦内でおきたすべての事案の責任を負います。1970年までは船員法により船長は最後に退船することが義務付けられていました。つまり、行方不明者が一人でもいれば艦長は退艦することができず艦と運命を共にしなければ違法だったのです。海上自衛隊では現在でも艦長の最後退船の義務自衛艦乗員服務規則第34条第1項があります。これは日本だけでなく、1980年に瀬戸内海で座礁したLPGタンカーのアメリカ人船長は退船を拒否してピストル自殺していますし、ロシアにいたっては違法に退船した船長は死刑になります。太平洋戦争中、駆逐艦の艦長が艦と運命を共にする必要は無いと通達が出されましたが、これは駆逐艦の消耗によって艦長経験者が不足したことと、駆逐艦が艦種上軍艦ではなく補助艦に既定されていたからです。海軍に限らず、日本軍は高級将官が責任を取って自決するのを禁じています。高級将官は育成に莫大な時間とコストがかかるので、ぽこぽこ死なれたらたまったもんじゃありません。日本海軍で「艦と運命を共にする」が始まったのはミッドウェー戦だと言われていますが「潔く命を以て責任を取った」将官がヒーロー扱いされて持て囃されたため、引っ込みがつかなくなった感があります。首脳部としては敗戦の将はいっとき閑職に置いていてほとぼりを冷ましてから復帰させることを考えていたようですが、前述のヒーローに昇華された将に比べて生き恥を晒した将への世間の風当たりはかなり強かったようですから、これはもう時代の空気というやつです。司令長官クラスがぽこぽこ自決しなかったのは当たり前で、そんなことをすれば責任を取る人が誰もいなくなります。天皇に責を負わせるわけにはいかないのですから。指導はしてないです。むしろ?可能な限り艦長は生還しろ!?との通達を太平洋戦争中に出しています。ちなみに日露戦争中に掃海を怠った海域で機雷に触れて沈んだ戦艦初瀬と、それを救助するため不用意に近づいてこれまた沈んだ戦艦八島の艦長も生還しています確かに生還した艦長の中には冷遇されている人もいましたが、それはその時の状況によるもの。ミッドウェーの空母赤城の青木艦長は、曳航できるからとの報告を信じて駆逐艦に乗り移ったところ方針変換のため乗艦を処分。?俺を船に戻せ!?との言葉虚しく、戦死や残って沈んだ3人の空母艦長と違い生き残りました。あまり印象は良くないです。また、ソロモンの戦艦比叡の西田艦長は、機関が停止したとの誤報を受けてしまい、助かる可能性のある船を見捨てたとの印象を与えてしまい、後日退役させられてます。しかも普通は予備役編入の上、即日召集がかかり、また海軍で働くケースが多い中、召集もされず、完全にクビになりました。珍しいケースです。同じくソロモンで沈んだ同型艦の戦艦霧島の岩淵艦長も生還しましたが、こちらは帰国後に舞鶴鎮守府の人事部長、のちにマニラ防衛隊の海軍側の最高司令官に任命されています。その間、少将に昇進し、戦死後に中将に昇進しています。戦時中に撃沈された戦艦は、長門を除く11隻ですが、運命を共にした艦長は大和の有賀艦長と武蔵の猪口艦長の2名のみです。陸奥、金剛、扶桑、山城、伊勢、日向は艦上にて戦死。霧島、比叡は前述の通り生還。榛名は擱座しながらそのまま生存。長門は唯一終戦まで浮かんでいましたが、空襲で艦長が戦死しています。他の回答にもありますが、吉川艦長のように、乗艦を沈められても沈められても生き残り、その都度新しい船を与えられ、ついに戦死したら2階級特進になった人もいます。現在の警察や自衛隊と違い、当時の戦死者の2階級特進は珍しかった空母大鳳の菊池艦長はマリアナで乗艦を沈めたあと、少将に昇進、各地の航空隊の参謀長を務め、最後は海軍総隊の参謀副長まで務めています。ひとりひとり挙げていけばキリがありません。共に沈んだ方が絵になるため、目立つのです。日本の商船隊も、大型船だけで何百隻と沈んでますが、明確に船長が運命を共にしたのが、確か2人か3人です。運命を共にしたかったけどその前に戦死してしまった。または、運命を共にしたけど、目撃者がいなかった、などのケースもあるでしょうから、実数ではもっと多いでしょうが、基本は責任者でも生還!です。船長が自分の船と命運を共にするのは、日本がどうこうの前に船乗り全般にある古くからの習わしだよ海外の船でも考え方の古い人は、船と一緒に沈んでる映画のタイタニックでも船長が一緒に沈んでるでしょ。天皇陛下から預かっている、大切な軍艦を沈める?責任を取り艦船と運命を共にしろ!的な 暗黙の了解?ムード雰囲気の増加 美徳!とかね。でも 中には 吉川潔中佐戦死後、少将での2階級特別進級での実例もある!のでね。吉川潔中佐の自論!艦船は、数年もあれば 建造開始 進水式ぎ装 試験後悔 引き渡し 就航での流れになる!でも、操艦の名人芸?等でのベテラン艦長になるまで 人材育成には、10~20年はかかるし 艦船勤務が長ければ誰でも?自然と 名艦長 操艦判断が良い!良くなる?そういう人材ばかり ではない!いちいち、艦長が艦と一緒に沈んで戦死なら 艦長という貴重な人材が育たない!等での事実を 強く!主張での者も居ましたのでね。司令長官は、旗艦で艦隊全体の指揮判断等をしているのでね。途中で 旗艦変更!可能 他の方も答えてはいますがレイテ沖海戦前ではね。艦隊旗艦は 大和 武蔵 ではなく???重巡洋艦船での愛宕 だったか 摩耶 だったハズ!宇垣少将は、先輩で上官での 栗田中将には 旗艦を大和 または 武蔵の方が良い!通信設備なども良い!と意見具申!でも、即答で 栗田中将は 旗艦変更の要なし!否決で退けて???その後 艦隊航行中に 敵潜水艦からの雷撃 被弾摩耶 愛宕 のちに~沈没 栗田中将は 艦隊旗艦変更 やもえない!として宇垣少将が乗艦している、大和 へと旗艦変更で乗艦して来たのでね。栗田中将 小沢中将 南雲中将の3名は 専攻での専門が魚雷での水雷 戦艦での大砲屋 砲術専攻は宇垣少将 山本五十六大将 古賀峰一大将 等だったのでね。もっとも!山本五十六は、操縦士資格なし!専攻が大砲での砲術!でも、途中で航空派に転換!山口多聞少将は、山本五十六とは親しかったのでね。専攻は、意外!潜水艦 でも 途中で 操縦士資格なし!等でも、航空派に転換したのでね。小沢中将は、専攻が魚雷での水雷 でも???最近 航空機艦載機の性能が増加と向上発展中!航空母艦での空母を 1隻での単艦 または 2隻での航空戦隊での規模ではなく、数隻 集中配備 護衛の駆逐艦等も増やし試しに?そういう、新期での大規模航空艦隊を運用してみてはどどうだろうか?と提案し???操縦士資格なし!でも、機動部隊構想での立案者 機動部隊の生みの親 航空専門家?と目されるようになったのでね。でも、栗田中将は 艦隊決戦!主義 しかも 専攻での水雷 での 重巡洋艦を旗艦に!での自論を強く!主張したのでね。もっとも、全部の 重巡洋艦には、多々での魚雷発射管が、必ずある!とは???限らない!のでね。日本海軍の艦長や司令官が、海戦に敗北した際に責任を取って艦長が海に沈むという慣習は、英国戦艦プリンス?オブ?ウェールズに座乗していたトーマス?フィリップス提督とリーチ艦長に習って始められたものと言われています。マレー沖海戦で、日本海軍機の攻撃を受けた時、フィリップス提督とリーチ艦長は退艦を勧められたにもかかわらず、退艦を拒否して艦と運命を共にしたことが、日本海軍では美談として扱われ、それを見習って「天皇の艦を預かる」菊の御紋を付けた軍艦の指揮官は艦と運命を共にすることが不文律になったとされて、軍艦の指揮官が艦と運命を共にするのは日本海軍の命令でも伝統でもなく、明治維新後の日本海軍の基礎となった英国海軍に良くも悪くも見習ったもので、米海軍みたいに艦長や司令官みたいに退艦しておれば、優秀な艦長や司令官を失うことはなかったと思います。とくに、軍艦は大型になればなるほど操艦?指揮するのは難しく、艦の損傷や海戦の敗北で大型艦を操艦?指揮できる経験豊富な艦長を失うのは、日本海軍にとって大きな損失です。日本は武士道の精神論があり、大勢の仲間を死なせておいて艦長である責任者がのこのこと生き残るのは生き恥を晒すとされてました。米軍はその真逆で階級に関わらず、仲間を見殺しにしないが鉄則で、その精神は今も引き継がれています。優秀な人材を失ったのは事実ですが、桜が散るように戦や死に対する美学があるのは日本独特の感性かもしれません。ミッドウェー海戦で司令長官の南雲忠一は生きて帰って来ても何の御咎めも無く新編成された第3機動艦隊の司令長官に就任していますが赤城艦長は生きて帰って来たら予備役に編入されて直ぐに再招集されて輸送船の船長にされています。レイテ決戦の栗田健夫は乗っていた旗艦が撃沈されても生き残って艦隊の指揮を取っています。流石に本土に戻ったら閉職に回されて居ますけどね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です