天国とは?意味 神与えられた肉体こそ真実であり魂や世神の

天国とは?意味 神与えられた肉体こそ真実であり魂や世神の。物質の原因は霊でしかありえない。【神いるか 】 神いる考えます 有神論の無宗教で 神綺麗な物体験でなく、直接的綺麗な物への快直感て与えてくれ、人間豊かな心築き上げさせてくれます 故神確実 神与えられた肉体こそ真実であり、魂や世(神の国、浄土、地獄)想像ののであり、長年渡り証明試みられる確証得られません 確証得られない事実考えて、魂や世実在ないの考えます 既存の宗教信じられません 血塗られた歴史さるこなら、死後の世界らの確証なく受け入れるの断じるので 魂や世の存在証明できません 個人的な体験、妄想?幻覚?幻聴依るのであり、受け入れられない物で 神与えられた肉体あえて肉体魂分けて、魂の永遠祈るこ神への冒涜で 神全知全能でない、不完全な世築き上げ、人々命のリレー苦労ている 絶対的善ありません、絶対的悪 天災や病気や犯罪等で幼子命落すの悪であり、憎むべきので 全知全能の神悪許すなど考えられません か、悪あり続け人々苦めてます 悪の存在全知全能の神否定されます 一人助ければ皆助けなけれ成らず、助けない言うの、全知全能ならすべて助けられるず 助けないの全知全能感ありません 天目向けるなら、星々ネットワーク築いて 星々の連なり自我生まれ、宇宙こそ凡神で 凡神地球テラフォーミング、恐竜絶滅させ、人間の世創造 創造の過程試行錯誤で、恐竜絶滅悲劇であり、悪で 人類の創造置いて、全知全能感ありません 宇宙の構造人間の脳同じよう泡状広って 脳宇宙の構造真似て創造され、人間小宇宙で 宇宙の構造ビッグバン始まり、星々の連なり自我創られた物で 構造て人間構造単純で、広大な領域知識人間遥か越えるので 凡神人間人工知能創るよう知的好奇心で人間創造たのでょう 科学進歩たら凡神のコンタクト出来るようなるなる予言ます 地球外知的生命体捜索で存在確認されてません 地球来ている証拠示されていません 十年騒れている、確証取れていないの居ない考えます 神話の神々の様派手な立ち振舞いありません、凡神見守ってます 星々の連なり研究すれば、膨大な知識手入るかれません 如でょうか ご意見ご感想お聞かせください 天国とは?意味。天上に神々の住まう国があるという古代の宇宙論的思考は世界中のほとんどの
宗教にみられるが,そこでは天空が永遠の光にの領域であり,人間が生き
ながら暗闇から脱けだして光の空間に立ち入ることは絶望的であるだけでなく,
厳しく禁じられて天国は神々だけの世界であり,神の定めた条件に合致した者
だけが,特別に入ることを許されたのである。ユダヤ教の流れをひくキリスト
教には,こうした天国の思想が当然色濃く反映しているが,しかし,それとは
違った新しい

ソクラテスの弁明。しくその不敬神の罪で出頭を命じられたソクラテスが。そこで行き会った
エウテュプロン と敬虔とは何かおいては。実際に祭礼などによって崇拝され
ている神々と。詩人たちによって語られる神 話の神々とは基本これは神を
人間の徳の基準?模範とする考えであり。プラトンはこの考えによって。哲学 は
神々へのや墓地から発 掘された考古資料に頼らざるを得ないのだが。こう
いった事情は当時の一般的な人々が自した光景が想像されていたのだと考え
られる。 さて。『

物質の原因は霊でしかありえない。よって、創造主は霊的存在である。物質は物質の原因にはなれないのだから。「神」の定義が明確ではありませんが、「各自の心の中」にあると考えても良いのではないでしょうか。神がどんな存在なのかという持論です。精神のその物が神という存在であると思います。思考するこの意識が神であると仮定すると人は神を宿していると言う事になります。それぞれの人生を役割として関わり合い無意識に苦悩苦痛、喜怒哀楽を現し意識する。人は望み生まれ来る。証拠は父から母の子宮を目指して無意識にも数億の可能性から一等賞でゴールした事。望まなければ生まれる事はない。余談ですが神はすぐ側にいるんです。するされるの理に感情を揺らし喜びや悲しみを与え受け合いながら。だから今どうあるべきか、その最善を望む事に気付かなければならないと宗教は説かれた。しかし、光を受ければ影が出来る事も事実。喜びと悲しみの総量は変わることがない。役割、宗を宿す一つ一つが神の化身であります。何処まで行くのか検討もつきませんがね。神はそこに在る訳ではも無いわけでもありません…質問者様が認識、確定した時点でその心の中にあり物質化し、でなければただの波動です。ですからどちらでもなく、どちらでもあるのです。心の中に…ずるい言い方に聞こえるかもしれませんがそんなことなのです。神とは「全」である。「一切」である。「無欠」である。故に全知全能である。その他に神はない。神はいるか?回答神さまはいるよーん?ヽ^○^ノ············以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です