事象の地平面なんてなかった ブラックホールの重力発生源事

事象の地平面なんてなかった ブラックホールの重力発生源事。この質問は、知恵袋でも時々見かけますが、未だかつで明快な回答は見たことがありません。素粒子物理学詳い方お聞きたい

ブラックホールついて

電磁気力媒介するの光子、重力媒介するのグラビトンいう未発見の素粒子予測されてるそうね 光子 グラビトン速度同じ光の速度

で質問

ブラックホールの重力発生源、事象の地平面の奥、ブラックホールの中心集中ている質量だ思うの、質量重量及ぼすため周囲放たれたグラビトン光の速度 なら、事象の地平面、側やって来るこ不可能なので つまりブラックホールの中心質量、事象の地平面の外重力及ぼすの不可能なので (で実際、及ぼてる)

どうやって、ブラックホールの中心質量出たグラビトン事象の地平面突破て、宇宙空間重力及ぼ得るのでょうか 「事象の地平面」なんてなかった。ブラックホールには一度入ったが最後。光さえも脱出できないほど強い重力が
かかる領域の境界「事象の地平面」があるといわれている。しかし。理化学研究
所はこのほど「ブラックホールは事象の地平面を持たない高密度な

ブラックホールの重力発生源事象の地平面の奥ブラックホールの中心集中ている質量だ思うの質量重量及ぼすため周囲放たれたグラビトン光の速度の画像をすべて見る。

この質問は、知恵袋でも時々見かけますが、未だかつで明快な回答は見たことがありません。知恵袋の回答者は基本、アマチュアなので、多分正確に答えられる人はいないと思います。実は、専門家が書いた解説書などを見ても、この質問に対する回答は見たことがありません。もしかしたら、誰も分かっていないのかも知れないと思っています。ちなみに、「ヒッグス場」がどうこう言っている人がいますが、微分積分も知らないアマチュアさんなので、そうのように受け止めてください。重力により、「空間の場」が歪みます。振動しない場は伸びており、振動すると場は小さくなります。このため、振動する場質量の周囲は、質量の方向へ引かれます。まるで、トランポリンにボーリング玉を置いた時のように、「空間の場」は質量のある方向へ引き伸ばされます。光は曲がった「電場」と「磁場」を進むので、光は曲がります。また、「ヒッグス場」が歪むので、質量のある方へ物体は動きます。この様に、中に何もない「空間自体」が歪むのではなくて、実体のある「電場」「磁場」「ヒッグス場」が質量により歪むのです。重力という力は、他のゲージ粒子のように「グラビトン」という粒子の働きではなく、全く別の仕組みで力を周囲に及ぼしているのかもしれません。アインシュタインの一般相対性理論によると重力によって空間が歪むとされていますが、空間が歪むこと自体、重力の発生を意味しているので、粒子ではないから、事象の地平面の縛りを受けないのかもしれません。また、重力発生源がなくとも、加速によっても重力は発生します。それと、余剰次元まで影響を及ぼす力だとも言われています。量子重力理論が完成しないと、重力とは何か? が完全に解明されないのかもしれません。地球人の脳で発想できる事が、世の中の全てを説明できるわけではない。次元の違う発想力でないと理解できない何かがあるんでしょうね。幽霊は居るのか?居ないのか?ってのと同じようなもんです。連星系の動きを観測することにより、ブラックホールの内部の質量は正確に知ることが出来ます。これは、シュバルツシルト半径から脱出する事の出来ない光と違って、重力は脱出できるとしなければ説明が出来ません。もし、「シュバルツシルト半径は曲面率により閉じた空間になっているので、光が脱出できないのだ!」とすると、同じように重力も脱出できないことになります。実際は、光は質量ゼロでもエネルギーや運動量は持っていて、「質量とエネルギーは等価」なのでエネルギーに相当する質量を持つ光は曲がる事になります。確かに、専門家からの理由の説明はあまり目にしないのですが、わずかですがあります。某大学の博士回答は「グラビトンは重力を感じません。相互作用しません。」でした。そして、相互作用するかしないかは素粒子の持つ「性質」。勿論の事、例えば、光子は何故電荷を持つものと相互作用するのか?など疑問はさらに続きますが、「簡単な事柄ほど奥が深い」で意外と本質は分かっていないのではと思います。勿論、私も知りたいので何かニュースはないか、いろいろと探しているところです。超弦理論ではひもの振動方向?振動モードが電荷など素粒子の性質になると述べています。「一般相対性理論」では、重力により質量の周りの空間が歪み、時間が遅れるとします。しかし、空間そのものの中には何もありません。同様に時間の中にも何もありません。どうして、何もないのに歪んだり遅れたりするのでしょうか。これから「時空間が歪む仕組み」を説明します。真空中には「電場」「磁場」「ヒッグス場」と言う「場」があります。電磁波は「電場」と「磁場」の振動です。「電場」と「磁場」の振動が止まると電磁波はなくなります。このように、空間は「無」ではなく「振動する場」があります。そして、重力により「空間の場」が歪みます。振動しない場は伸びており、振動すると場は小さくなります。このため、振動する場質量の周囲は、質量の方向へ引かれます。まるで、トランポリンにボーリング玉を置いた時のように、「空間の場」は質量のある方向へ引き伸ばされます。このように「電磁場」が重力により歪むので、電磁場の上を真っ直ぐ進む光は曲がります。「シュワルツシルト半径」の位置で、電磁場は「0」にまで圧縮されます。ですから、光は幾ら電磁場を伝わっても前に進むことは出来ず、そこから脱出できません。物質が「ヒッグス場」を動くと、「ヒッグス粒子」が生じまとわり付かれ、動きにくさを与えられます。2つの質量があると、①相手の質量の方向の「ヒッグス場」が②その反対側よりもより引き伸ばされ、「ヒッグス場」は薄くなります。①の方が、相手の質量に近く重力が強いので、より引き伸ばされるのです。したがって、物質が同じ距離移動しても、生じる「ヒッグス粒子」の数は、「①の方向に動いた時生じる数反対側の②の方向へ動いた時生じる数」となります。つまり、他の質量のある方向には動き易いのです。粒子は上記のとおり振動し、絶えず様々な方向へ動こうとします。それを、ヒッグス粒子が止めています。他に質量がある時振動すると、粒子は②の方向より①の方向へ動き易いので、①の方向へ動いて行きます。これが「落下」です。この様に、重力により「空間の場」が歪むので、光が曲がり物質は落下します。「電磁場」や「ヒッグス場」と言う実体を除いた後に残る何もない「空虚な空間」そのものは、重力によっても歪みません。なぜなら、歪むものが何もないからです。詳細は、下記ホームページを参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です