トランプ氏 死刑制度反対派の意見で良くあるの死ぬ働かせて

トランプ氏 死刑制度反対派の意見で良くあるの死ぬ働かせて。>普通に考えて被害者家族からしてみれば自分達の大切な人は亡くなったのになぜあいつはのうのうと生きながらえているんだ。死刑制度反対派の意見で良くあるの【死ぬ働かせて】いう物だけど、普通考えて被害者家族てみれば自分達の大切な人亡くなったのなぜあいつのうのう生きならえているんだ なるでょ で死刑する生きていて欲いて思うのなの 生きて償ってか良く聞くけど、生きて償うの ゲームじゃない死んだ人生き返らないんだ償ってか【 】って感じじゃないの トランプ氏。トランプ大統領は現代アメリカで。連邦政府による死刑執行が最も多い大統領に
なりそうだ。犯罪被害者遺族の語る死刑廃止。もうひとり森川健太郎君というといいまして。この人は有期刑。彼は懲役年の
刑期を終えられまして社会復帰されている。この人による保険金殺人事件です。
当時ありました1000万円の郵便局の保険金を交通事故に見せかけて詐取
しよう

みんなのレビュー:死刑その哲学的考察/萱野稔人。憲法9条だけではない 死刑を。処罰のために人の命を奪うことに対する道徳的
視点。処罰感情及び公権力による行使という合法的視点から検討し。犯罪を
止まらせるという根本的問題を提起している興味深い書。著名人メッセージ:寮美千子さん作家?詩人。それなのになぜ。国家が人を殺すこと。すなわち「死刑」は許されているの
でしょうか。 「死刑賛成」の人々の声をきいてみると。こんな理由が挙げられ
ます。 被害者感情 死をもって償うべきである 犯罪抑止力 社会の安全 世論の8割
が賛成元刑務官「心臓がどくんと動いていた」。オウム真理教元幹部13人の死刑が7月に執行されました。「世論の多数が
極めて悪質?凶悪な犯罪について。死刑はやむを得ないと考えている」と上川
陽子法相が会見で述べたように。世論調査では容認が多数を占めま…

>普通に考えて被害者家族からしてみれば自分達の大切な人は亡くなったのになぜあいつはのうのうと生きながらえているんだ!となるでしょ? ならない場合もあります。ネットで「普通に考えて」は、「考えないと」と同義です。それに「被害者家族」と一括りにするのは、あまりにも非現実的。ここ知恵袋の事件カテだって、事件に対する意見は様々じゃありませんか。>それでも死刑にするより生きていて欲しいなんて思うものなの?思う場合もあります。あなたはゲーム以外の「死」はピンとこないようですが、遺族にとってはゲームじゃなくて突き付けられた現実なんです。「死」について我々とは比べものにならないぐらい、真剣に考えざるを得ません。>生きて償ってとかも良く聞くけど、生きて何を償うの?とりあえず目に見えて償えることではやはり金銭面でしょうね。あと見えませんが心のそこから罪を悔い後悔にとらわれた状態でそいつが被害者遺族に何が自分に出来るか?を考え続けられるなら私はそれは償いだと思います。が!しかし。死刑になるレベルの犯罪を犯す奴が「ごめんなさい。後悔してます。」と言った所で私はそいつを信用できないでしょうね。少なくても反省できる脳みそある奴は死刑相当の犯罪なんてそもそも犯さないと思っております。金銭面だってまぁ、刑務所内で作業させて償いで金送ってもらうにしても微々たる物でしょうしね。そういう意味でやはり死刑は必要と思いますね。無くせと言うならあんな過酷な労働もう二度としたくない。マジで死にたくなる???死のうとしても死すら選べない???と言う苦痛を与え続けられるなら死刑は反対してもいいかもですがね笑償いや刑罰の意味を勘違いしてませんか?死刑は働く事も更正も償いすら、する資格はない。絞首刑を受ける事のみが刑罰。刑罰は罰なので償いではないですよ。償いとは賠償と補償を言います。日本語ってのは漢字見れば意味が分かるでしょ?償いは民事訴訟です。だから生きてないと償えないでしょ。死刑は償いもする資格はないんですよ。それに家族が死んだから生きてるのが許せない、それは単なる私的感情論なだけ。君は財布を盗まれたら盗み返して済ませるタイプかな?殺されたから殺してスッキリ済ませるタイプかな?死んだ人は生き返らないんだから死刑にしたって償いにならないでしょ?死刑にして時間が戻って被害者が生き返るなら償いと言えます。それは無理なのでどうしようもない。だから財産を捧げるしか方法はないんですよ。何のために刑事訴訟と民事訴訟、日本は六法全書の通り六つの法律に別れてると思いますか。遺族感情や償いまで、何でもかんでも刑法に求めるのは論点が違います。殺人は親族同士が多いので加害者が遺族なんです。遺族感情で刑罰を決めるのは矛盾でしょ。だから民事訴訟法で分けてるんです。そこを理解してないから質問内容がトンチンカンです。他の回答者もまるで論点ズレてます。この手の質問てほんと多いけど、私の言ってる意味が分からないならかなりの世間知らずかと。「死ぬまで働かせて」意味は無いと思いますね、どんなにキツイ仕事をさせられようと生きている訳ですからね、被害者は亡くなっているのに。「生きて償う」被害者が亡くなっているのに償える訳が無い、償いの意味を勘違いしているのだと思います。身内を殺されたものの身になって考えれば、加害者にはこの世の中から消えてほしいんですよ。わが身内が殺され、この世から居なくなったんだから、加害者もこの世から居なくなって欲しいと思うのは、当たり前の事だと思いますね。刑期を全うし、一家団欒なんてことがあってはならないんですよ、殺した人は幸せになっちゃいかんのですよ。被害者の家族の幸せまでも奪ったんだからね。死刑制度反対派の人の、とても大事な人が殺された場合でも、本当に刑期を全うして、罪を償って欲しいと思うのでしょうかね。自分だったら、武士のように仇討ち免許状でも発行してもらって、加害者に対しかたき討ちをさせてほしいね。かたき討ちの許可出ているから、お咎め無しと言う風に。殺した相手は、いつかたき討ちに遭うか分からず、死ぬまでびくびくする生活だと、本当に悔い改めようとした時は、時すでに遅しってね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です